最近読んだ本(経営12カ条)

こんにちは。しっつのシゲルです。


稲盛和夫氏の「どうすれば会社経営がうまくいくのか」という

経営の原理原則を12カ条にまとめた本です。




稲盛さんの本は数多くでていますので、読んだことのある

ことも多く入っていますが、これはやっぱり大事だな、と

改めて思ったことを書いてみました。


新しい開発をするには「楽観的に構想し、悲観的に計画し、

楽観的に実行する」ことが必要である。


まず「こういうものをやりたい」と思うときは、楽観的に考える。

「それは難しい、それは困難だ」というように悲観的に考えてはいけない。


しかし、実際に具体的な開発計画を立てるときには、非常に厳しい現実を

直視し、開発のどこが難しいのかを認識して、悲観的になる。


そのうえで、「よし、これでやろう」と開発を始めたときには、難しい

ことは考えず、「絶対やれるはずだ」と非常に楽観的に進めていく。


これが開発するときの心構えだ。


新規事業を始めるときにも通じる心構えですが、どうしても

この反対の対応をとってしまう自分が情けない・・


稲盛さんの考えに行きつくまでは相当、長い道のりです。



あしあと

492view