史跡がいっぱいあります。その3

こんにちは。しっつのシゲルです。


しっつの近くにある史跡紹介、その3です。


しっつから京阪電車の踏み切りを渡り、一筋目を南にいくと


そこにあるのが、「伏見奉行所跡」です。




江戸時代、伏見は幕府の直轄領でした。


元々、秀吉が建てた伏見城があった地域でしたが、


伏見城は、家康によって廃城となっていたため、


政治の場として奉行所を設置したものです。


今は、石碑と案内版しか残っていませんが、




跡地が国家公務員宿舎とか労働基準監督署が


点在しています。


奉行所跡一帯は国有地ですので、当然といえば当然ですが。



あしあと

512view