建築躯体積算ソフト「SPS」 | 誤差ゼロの精度が、ひと目で分かります

FAQ

  • 利用料金・動作環境
  • ダウンロード
  • お申し込み方法
  • FAQ

通信

オンラインアップデートをしてから計算できなくなりました

Windowsファイヤウォールやウィルス検知ソフトの機能によって更新されたファイルの通信が遮断されることがあります。

操作

積算データの入力にはどの程度の時間が必要ですか

個々のスキルによって差はうまれますが、レンタルユーザー様の平均的な方で、設計図書であれば1時間あたり800~1,000m2程度は積算可能のようです。マンションのような物件であればそれ以上になる場合もあります。

複数棟ある物件を別々に入力をして、一度に表示することができますか

可能です。まず通り芯をすべての建物の状態に合わせて入力します。その情報を同一ツリー内にコピーをすれば位置情報がコピーされ、別々に入力してもビューア内で一度に表示します。

スパンの途中で工区分けはできますか

可能です。平面の任意の位置以外にも、階の半ばやスロープに沿って勾配での工区分けなどができます。

リストにない形の柱やベースがあります。入力できますか

入力できます。入力したい形状に近い柱やベースを選び「部材詳細ダイアログ」内で任意の形状にカスタマイズしてください。

壁以外に開口があります。どのように入力すればいいですか

柱や梁の欠損やスラブの開口といった壁以外の開口は、雑部材のくり抜き機能を利用します。雑部材と用途に合わせた形状に加工して、プロパティ内のくり抜きにチェックしてください。複雑すぎて変形できない部材入力でもこの雑部材のくり抜き機能を使うと便利です。

マンションのような転用階の多い建物はどのように入力するのですか

基準階のデータをフロア複写して利用します。部材はそれぞれ転用先のリストを参照して自動変更されるので、完全な転用であればデータを一切触る必要がありません。

S造で片面や一部分が鉄骨で控除されている場合の入力はできますか

入力できます。柱や梁などの一般部材を型枠控除材として利用して、その部材を型枠積算対象から除外することでOKです。

導入

どの位のパソコンの知識があればいいですか

ExcelやWordが使える方であれば問題ありません。

導入にあたり必要な環境は

Windows XP以降のパソコンとインターネットの接続環境があれば大丈夫です。必要なスペックや容量等は動作環境を参照ください。

会社と自宅の両方で入力できますか

同時に双方からログインすることはできません。個人がログインされる場合は、SPSがインストールされていればどこのアクセスポイントからでもご利用いただけます。

解約したい場合はどのようにすればいいのですか

契約時に送付いたしました「取扱説明書」内の“解約届”と当社宛にFAXください。送信期日により、当月末か翌月末でサービスが停止します。

サポート

操作方法の問い合わせはどのようにすればいいですか

当社営業時間内であれば電話とメールでサポートしております。(無料)

操作方法の講習はありますか

出張、来社の2通りの講習がございます。詳細は当社に問い合わせください。

新しい機能や改良要望は受け付けてもらえますか

カスタマイズのような機能についてはお断りしておりますが、ユーザーすべてに有効な機能や改良については追加機能として検討させていただきます。

SPS体験版のお申し込み

各種製品サポート、お問い合わせ、FAQなど

サポートページはこちら

お電話でのサポート:075-604-0053(受付時間 9:00~18:00 土・日・祝日を除く)

PAGE TOP