1日のスケジュール

作業の流れを、先輩社員の
事例でご紹介

1日の作業の流れ

入社2年目
積算課の場合

  1. ミーティング

    9:00~12:00

    ミーティング

    1日の業務はメールの確認から始まり、課長から積算物件が配分されます。その後、主任と担当物件のスケジュールを相談します。

  2. 積算作業

    13:00~15:00

    積算作業

    配分された積算物件の図面を元にソフト使っての入力作業をします。物件に関して質疑などがあればその都度、取引先に電話をすることがあります。

  3. 進捗状況報告

    15:00~18:00

    進捗状況報告

    1日を振り返ってスケジュールの進捗状況を確認します。
    進捗状況の報告を行い、翌日のスケジュール等について主任と相談することもあります。

入社3年目
システム課の場合

  1. スケジュール報告

    9:00~12:00

    スケジュール報告

    1日の作業の打ち合わせをします。自分の立てたスケジュールを課長に報告、再確認し一日の作業に取り掛かります。

  2. プログラミング作業

    13:00~15:00

    プログラミング作業

    バックアップテープの交換を行ったり、ソフト開発作業では設計図にあたる「仕様書」を作成したり、プログラミング作業をしたりします。

  3. 見直し・修正

    15:00~18:00

    見直し・修正

    1日の作業の終わりに現在の進捗度合いを話し合ったりします。先輩からアドバイスをもらったり、次の日の工程を見直し修正したりします。