島のその後~支配者への奉公の日々。~

最近小さな画面を見続けることに

疲れを感じ始めている

まだ30代前半の私です。



こんにちは、総務部のナカイです。




さて、以前のブログ

無人島での生活を始めたと綴りましたが

その後のご報告です。



あの支配者。

覚えていらっしゃいますか?




こちらのタヌキたち。


真ん中にいるボスに

・家を大きくしたい

・橋を架けたい

・坂を作りたい

などなどを相談し


そのたびに、ローンや寄付金(本当は島にいるみんなが対象なのに)

を迫られながら過ごしております。



だんだんと町へと変化していますが


【島】の雰囲気は残しています。




本当はここで私の島の雰囲気を・・・と思いますが

長くなったのでここまで。。