躯体積算業務 | 誤差ゼロの精度が、ひと目で分かる弊社の躯体積算業務

特長

  • 特長
  • 料金表
  • お問い合わせ

自社開発ソフト「SPS」を駆使した誤差ゼロの正確性、スピーディな納品。

曲面や斜面を取り入れた物件、通り芯が90度に交差しない物件など、従来の表計算ソフトによる積算ではどうしても誤差が生じます。
自社開発ソフト「SPS」による躯体積算では、どんな建築物にも対応する「誤差ゼロの正確性」を実現しました。もちろん、システムを知り尽くした専任スタッフが揃うため、卓越したマンパワーでどんな案件にもスピーディに対応いたします。
大型物件はもちろん、極小物件でもSITZにお任せください。

工区分けも3Dパースで一目瞭然。いつでも、自由自在に対応します。

物件が大型化すればするほど、細やかな工区分けに対応した積算が必要です。SITZの積算データは、そんな場合にこそ力を発揮します。
芯分け・面分け・フロア内の層分けなど、ご指示どおりの工区分けに最大60工区まで対応できるだけでなく、色分けした3Dパースによって視覚的に表示。複数の協力会社が請け負う場合でも、それぞれの施工範囲を一目瞭然で理解することができます。必要な部分だけ表示できることで、業者間に起こりがちなトラブルを未然に防ぐことができるのです。

工区分けのご依頼は、積算データの納品後でも柔軟に承ります。その対応スピードにも、私達SITZは自信があります。

京都・東京の2拠点で全国を安心サポート。

積算数量は元請会社の見積りから専門業者の支払いまで広く必要とされ、この間に一つの物件を何人もの手で拾う事となるので数量の差異は必然となります。
積算基準の見直しも検討されていますが、まだまだ積算方法の違いや会社独自の基準により現場では数量の調整にかなりの時間と労力と費用を要しています。
特に鉄筋や土工事に関しては施工上必要な数量や工法などを巡っての相違も頻繁に生じてるのが現状です。
私たちSITZは双方が納得できる説明責任を完遂するまでを積算業務とし、納品後のフォロー体制を充実させています。(※1)

※1 詳細は当社まで問い合わせください

「読む積算」から「見える積算」へ。だからこそ、検証もひと目でできる!

帳簿形式の計算書では、積算結果の検証ひとつにも、膨大な時間と労力、ストレスがかかることは否めません。
SITZの積算データは、計算書と3Dパースが相互リンクしています。お客様に無料配布するソフト「SPS Tools」を通して、視覚的に検証することが可能です。ひと目で分かる3Dパースにより、指定工区や部材別の表示など、あらゆる角度から「見える積算」をご提供します。

また、「SPS Tools」を通じて取引先ともデータ共有が可能となるため、両者で検証することも思いのまま。説明責任もしっかり果たすことができます。

「SPS Tools」を通じて取引先ともデータ共有が可能。両者で検証することも思いのまま。

拡大する

動画で見る躯体積算業務の特長

SPSレンタルサービスと併用でさらにキメ細かく。

納品しました積算データは、当社が展開しております「SPSレンタルサービス」 (※1) と併用してご利用いただくこともできます。
設計図書など入力にマンパワーを必要とする部分を当社に任せ、工区分けや施工図による再積算など比較的短時間で入力ができる作業を自社で行っていただくことで、外注積算費用の圧縮や綿密な数量管理が可能となります。

※1 SPSレンタルサービスのご利用には別途レンタル契約が必要となります

SPSレンタルサービスはこちら

各種製品サポート、お問い合わせ、FAQなど

サポートページはこちら

お電話でのサポート:075-604-0053(受付時間 9:00~18:00 土・日・祝日を除く)

PAGE TOP